ビジネス加速、ビジョン達成を狙う社長の資金調達&問題解決方法

menu

解決コンサル 売上高5億円超えを狙う社長の資金調達メソッド

【お得な補助有り 創業資金は制度融資から】

経済が活性化するには
消費と投資が活発に働き

生産活動が増えて、
雇用を生み、賃金が上がり、
次第に物価も上がる

実物経済活動の動きが良くなると
景気の裾野が広がり、
多くの会社や人が恩恵に預かり

景気の良さを実感できます。

ところが、ご存知の通り
成熟した我が国経済では
株価、金融資産、不動産投資など

経済価値が高まり
貨幣経済がバブルのように膨らみ

売却による差益で
お金を沢山儲ける人が多く

物やサービス購買意欲が
盛んな時期は

富裕層だけが景気の恩恵を享受

豊かなものはより豊かに
貧しいものは更に貧しくなる

二極分化の差が益々広がり
社会不満が広がり、蓄積します。

だからこそ頑張れ日本です!
ant0012-003
国は経済の再生に
産業競争力強化法により

日本の開業率5%から
英米並みの開業率10%に
引き上げようと

経済活動の活性化を
促そうとしています。

これから
起業しようとする人
創業してから間もない
会社経営者、個人事業主

設立または開業から
7年以内で再び事業を開始する

会社経営者、個人事業主に
創業融資制度を設けています。

業種業態により
様々なビジネススタイルがあり

パソコンとネット接続だけあれば
身一つで事業ができたり

起業にあたり、
事務所や店舗を要する事業なら

テナント賃貸借契約に伴う
敷金・保証金、賃料、仲介手数料等の
金銭払い込みがあり

また、ターゲットとする
顧客層に適した店作りから
内装工事、什器備品の購入など
多額な設備資金を要する事業や

物作りへと
機械、原料、経費等が掛かる
製造や研究開発事業など様々です。

共通することは
事業を営み、継続する上で
事業資金が必要であり

不足する資金を
外部から調達する必要性があります。
fun0019-002
その事業資金を
国が産業競争力強化法により

低利で、金利や信用保証料を
補助する創業融資制度があります。

創業融資制度は、
融資である以上
金融機関の融資審査があり

保証協会の保証付き融資ならば
信用保証協会の審査行われます。

創業制度融資の良いところは
金利や信用保証料に補助があり
お金と経費節約だけでなく

資金繰り負担を楽にする
例えば運転資金を5年返済する。

借入当初は利息だけを払う
半年から1年以内の
元金据置措置があります。

借入金額によっては
第三者保証や担保提供のない
無担保融資が利用でき

自社のビジネスブランに応じた
創業資金取り込みが可能です。

創業資金調達を検討されている
起業家、会社経営者、個人事業主の方は

下記URLより
創業資金長調達セミナーに
ご参加下さい。
http://wp.me/P5UcTk-2x

あなたのビジネスプランに
最適な制度があります。
ストアカALIA4598_20150214 -

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Follow SNS

よく読まれている記事