ビジネス加速、ビジョン達成を狙う社長の資金調達&問題解決方法

menu

解決コンサル 売上高5億円超えを狙う社長の資金調達メソッド

【ポジティブな固定観念なら 見えるものが明確になる】

もしも、あなたが
生活の質を変えようとするなら

あなたは、見た物を信ずるのでなく
心の中に信じるものを見ていると
知ることがその第一歩でしょう。

例えば、白い画用紙の
右上に橙色の丸印があります。

橙色の丸印を、
暮れゆく太陽と思う人がいれば

空に舞い上がる風船と
見える人がいるでしょう。

あなただったら、
何に見えるでしょうか。

これは、正しいか、
そうでないかを問うものでなく、

あなたの目で見える事象が
心にどう映るかを聞いているのです

それは、あなたの心に映るものが
固定観念になっているからです。
yuu0024-009
現実は、白い画用紙の
右上に書かれた橙色の丸印、
それ以外の何物でもありません。

あなたの心に映る固定概念が
あなたに影響を及ぼし、
フレームになっているだけです。

旧約聖書に
「心の奥底で考え信じたことは
本当になる」とあります。

私たちは、心に深く刻み込まれた
固定観念によって形成される
先入観のふるいが

現実を歪めて見える
癖になっているからです。

この癖がネガティブモードな
固定観念だったなら

リフレーミングして
ポジティブなものに変えましょう。

ポジティブな見方に変わり

心の奥底で考え信じるなら
本当のことになるでしょう。

では何故、この癖が
ネガティブモードに見えるのか

あなたの心に聞くことを
お薦めします。

静かなところで
目を閉じ、背筋を伸ばして
胸に手を当てて、深呼吸、
リラックスして下さい。
cat0046-026
そして、思い出して下さい。
現在から過去に少しずつ
遡ってみて下さい。

それは、何時ごろから
そう見えたのでしょうか。

記憶の淵を辿ってゆくと
過去に、過去に遡り、

今では、もうとうに忘れ去っていた
幼い子供の頃にまで
辿り付くことがあるかもしれません。

あなたがまだ小さく
無力だった子供の頃に
両親、兄弟、友人などから影響を受け

強く刻み込まれた記憶が
鮮明に見えてきたら

その時の情景は
どのようなシーンだったでしょうか。

あなたは、その時に何を思い
どう感じていたのでしょうか。
その時に強く刻み込まれた感情が

現在の先入観となり、
無意識に働くことにより

あなたの目に映える物事を
歪めていることでしょう。

その頃のあなたに
優しく声を掛けて下さい。

もう大丈夫だよ、
心配しなくていいよ
安心していいんだよと

小さな子供だったころのあなたを
現在のあなたが許して上げて下さい。

そして、小さい頃のあなたを
傷つけた両親、兄弟、友人を
許して上げて下さい。

遡れば、人は誰でも
子供の頃に受けた傷を

因果応報のように
自分の子供に与えているのです。

両親も、兄弟も、友人もそうです。
私たちみんながそうなのです。

ネガティブモードな固定観念を

ポジティブモードに切り替え

明確な目標を持ち、
強く望み、チャレンジし続けるなら

「なんであれ、強く信じていれば
現実になる」

あなたの会社の
キャッシュ・フローと
利益力強化のために

フジABコンサルティング
藤田 貴志でした。
感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Follow SNS

よく読まれている記事