ビジネス加速、ビジョン達成を狙う社長の資金調達&問題解決方法

menu

解決コンサル 売上高5億円超えを狙う社長の資金調達メソッド

【幸運に導く ポジティブで明確な未来にフォーカス】

銀行から融資を受ける際に
気を付けたいことは
資金使途です。

銀行融資交渉に長けている
社長は、資金使途の重要さを
理解されています。

例えば新規事業を始めたいから
経営多角化の名目で借りるにしても

設備を取得するのが主か?

人員を増やして稼働させたい
運転資金を主とするのか?

案件によって其々
主目的が異なると
融資審査の焦点が異なります。

多角化する事業で
設備投資が主になるなら
回収期間が長期なり

回収期間の妥当性や
計画の再現性から
その中身に明確さが求められます。

何故なら、計画が数値だけなら
その数値になる根拠が不明だからです。

銀行が融資審査に
会社に対する計画の評価は

過去の決算トレンドと
信用格付け、債務者区分などと
比較した評価とならざるを得ず

計画に相当な根拠があり
銀行が評価できると

確信を得なくては
厳しい融資審査に
事業計画が耐えられません。

それだけに計画の再現性が問われ
融資姿勢は慎重にならざるを得ません。
bus0110-003
ところで設備投資を
資金使途にして融資を申込むなら

融資実行後に
銀行から求められる書類があります。

設備投資で購入した設備が
会社の固定資産台帳に反映されているか

銀行から後日、確認が入り、
固定資産台帳の提出が求められ
証拠を示す必要があるからです。
kam0013-024
顧問税理士に一括して
経理処理を依頼している会社は

顧問税理士と密に
コッミュニケーションを取り合い

会計処理と固定資産台帳処理を
なるべく速やかに行うことが
必須となります。

それは、銀行を安心させ、
次回融資申込の際に
スムーズに運ぶ信頼を築く
基礎になるからです。

そんな訳で銀行から
資金を借りる前提には

資金使途は何かを明確にすること

会計処理と固定資産台帳処理の
スピードを上げることを
お薦めします。

急場の時だけ
銀行融資を受けることに
フォーカスするあまり

継続した将来の取引を
見据えないと

思わぬ痛手を受けることがあります。
sor0082-024
会社事業を永続的に続ける
前提を意識されていると考えますが

目の前のことに焦点を当て過ぎず

本来、社長が見たい
未来に考えを集中して下さいね。

その未来の計画は、
ポジティブで明確な未来計画でしょうか?
明確にイメージできるのなら

未来に向って思考が進みます。
意識を集中して下さい。

あなたの優秀な
スーパーコンピューター
頭脳がそこに導いてくれます。

『あなたの
キャッシュ・フローと利益の最大化
そして、幸せに』

【追 伸】

創業融資セミナーを開催します。

銀行融資にご興味がある方は
こちらより見て下さいね。
URL  http://kaiketuconsul.biz/セミナー開催のお知らせ/

☆彡セミナー受付期限は
平成28年9月23日(金)14時銀行振込までです。

フジABコンサルティング
藤田 貴志でした。
感謝です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

【メルマガ登録はこちらから】
URL http://www.mag2.com/m/0001674574.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Follow SNS

よく読まれている記事