ビジネス加速、ビジョン達成を狙う社長の資金調達&問題解決方法

menu

解決コンサル 売上高5億円超えを狙う社長の資金調達メソッド

【望む結果に導く 焦点の合わせ方を変える方法】

面白いことで
他の人のことは分かっていても
自分のことがわからない

これ、私にもいえることです!

そして、
あなたもその一人ではないでしょうか。

なぜ、そうなのか。

人は、自分の考えること、
やっていることを
当たり前と思うからです。

だから盲点が沢山あることに
気付かないというより

気付けないのです。

繰り返しますが、
これは恥ずかしいことではありません。

かくいう私もその一人です。

もしも、神の如く
自分も含め全てのことがわかるなら
人は誰も苦労しませんね。ホント!
yuu0024-009
神のいる高い位置から
地上にいる自分の

一挙手一投足の全てを
冷静に見ることができるのなら

よくやっていると誉めてみたり
おいおいそんなことするなと窘めたり

自分を我が子のように
思わず声をかけたくなるでしょう。

人は、期待したい結果を
望む場合に

過去の経験からくる
感情が障害となる場合があります。

成功体験があるなら
少々問題があっても
以前と同じと思えて
事前計画なしにやってしまう。

ネガティブな経験なら
過去にできなかった記憶から
嫌な感情が再生される。

思うような結果が出せない
だから余計嫌になる
負の連鎖に陥る

要は、自分の思い込みで
思考習慣を付けているから

潜在意識に植え付けられた
フィルターから見てしまうのです。

まずは、今の自分が
どのような状況にいるか
現状分析することから始めます。

どうしたらいいのかと
方法論にフォーカスすると
前に見る道が狭まるからです。

現状を頭の中で考えるだけでなく
紙に書き出してみると
視覚的に問題点が把握できます。

書き出した問題点を
整理して繋げると線になります。

次に線と線の関連性を
繋げると面になります。

ここで自分に起きている現象は
何によって引き起こされているか
明確に見えてきます。
pla0004-002
その現象は何故起きているのか
WHYを繰り返し
紙に書き出してゆくと

真因が視覚化されてきます。

自分が認識していたことと

書き出して気付いたことの
相違に気がついた時点で

克服すべき課題が正確に把握できます。

PDCAを回して修正するか。

思い切ってゼロベース思考にするか。

あなたが得たい成果によって
選択する手段が異なるでしょう。

もしも、迷いや悩みがあるなら

現状分析に自分で
書き出してみては如何でしょうか。

もしも、心配なら
あなたの話しをとことん聞き

話し終えてから質問し
あなたの真のニーズを引き出す
専門家に相談するのも良いでしょう。

時間を欠けず
スピーディーに実行するなら

専門家と二人三脚で
解消されることをお勧めします。

そう思えるなら
あなたは、
もう一人ではありません。
ストアカALIA4598_20150214 -

あなたが
ビジネスを加速し、

もっと望む結果を手に入れたいなら

あなたのパートナーとして
あなたのことを正確に理解し

二人三脚で歩む
パートナーがいると
心強くはありませんか。

一人で全てを考えるより
視点を変えて

あなたの内に潜む素晴らしさを
引き出すパートナーがいるなら

躍進するあなたの
姿が見えてきませんか。

人は自分の考えたような
人間になると言います。

あなたは、どのような
人間になりたいでしょうか。

是非、当ブログmenu
「初回相談の流れについて」から

聞いてみたいことや
伝えたいこと
相談したいことなど

「ご相談内容」欄にご入力のうえ送信下さい。

あなたの成功を心より願っております。

【成功する社長の資金調達 Story Maker】
➀年商1億円未満から10億円超えを目指す意欲旺盛な社長

➁技術力を背景に業態転換から第二創業を目指す社長

➂5年後株式公開を決意する志高い社長

あなたの会社の「魅力とユニークさ」をブラッシュアップ。

御社事業の魅力とユニークさを備えたオーダーメイドな

プレゼンテーション資料、事業計画書を作り上げ

質疑応答から面談までをコーチングよりフルサポート。

社長と会社の魅力に一段と説得力が強まりユニークさが伝わり、

評価と信頼を引き上げます。

【ミッション】

日本の活力復興に

中小企業のビジネス加速、発展こそが鍵となり、

誠意を尽くし、御支援します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

【バックナンバー】
http://kaiketuconsul.biz/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Follow SNS

よく読まれている記事