ビジネス加速、ビジョン達成を狙う社長の資金調達&問題解決方法

menu

解決コンサル 売上高5億円超えを狙う社長の資金調達メソッド

【社長が投資に使う時間 消費する時間の差がお金の違い】

社長、あなたは、
利益を確実に出している会社と
赤字が続く会社との違いは、
どこにあると思いますか。

赤字の会社は、
社長から社員まで怠けているから
赤字になると思いますか。

実は、真面目に且つ、
一生懸命に働いているのです。

赤字決算が続いたからといって
昔から欠損が続いていた訳ではなく
過去に業績好調な時期があったでしょう。

では、どうしてそうなったのでしょうか。

私たちは、日々、目に見える変化と
見えない変化の中で生きています。
会社も同様です。

人々の意識と行動の総和が
結果、つまり経済現象になって現れて
知ることになるのです。

だから小さな変化が積み重なり
ある日、突然、大な変化となって現れ
起きた時に対応できた会社と
そうでない会社に別れてしまうのです。

かつて、日本の製造業が
欧米を手本にキャッチアップ、
追い抜き追い越してきましたが、

今では、人件費を始め、製造原価の安い、
中国、韓国、東南アジアの国々に
工場が建設され、

日本を始めとする先進国企業が
現地生産等の進出より確かな技術と
品質が保証され世界の工場地帯となりました。

結果、価格競争の渦に巻き込まれ
厳しい状況に立たされる会社は多いです。

もしも社長に
小さな変化が目に見えるか否かに関わらず
世の中の流れを察知する
時間のゆとりがあるなら

事前に計画や準備が出来ていたのなら、
リスクを最小限に抑えて
連続赤字に陥らないですんだかもしれません。

それだけに社長が使う時間の差
お金を生む時間と消費される時間は
会社業績に与える影響は計り知れません。

オーナー企業にありがちな
社長が業務の全てに関わろうとするなら

全社員の相談から人事評価まで行なう。
社内稟議決裁の大部分に関わる

社外からの来訪もあれば
トップセールスに訪問すること
社内外からの電話対応などetc

役員、部課長がいても
権限移譲を出来るよう
マネージメント教育と制度を作らないなら

些細なことまで社長が決定するなら
社長が使える時間のうち
どれだけの時間を
生産的な時間に振り向けていますか。

生産的時間は、会社の将来を方向付ける
経営方針、戦略、組織改編、資源配分など

最重要事項を考え出し、決定することから
会社の売上を作り、利益を出せる
企業体質を作り上げ、成長させることに
仕事を集中するための時間です。

80対20の法則から
社長が一日に使用する時間のうち
重要な20%の使い方が
80%の売上と利益を出しているなら

その20%時間の内容は
何に使われていますか、
いや、どのような考え方から
時間に投資しているのでしょうか。

もしも、重要な20%の時間が
生産的な時間でなく業務に消費され
部下に任せられる
時間が多くを占めるのなら

例え、今が波に乗り好調であっても
現状のまま事業を継続するなら
将来が保証されていると思えますか。

銀行融資は、個別企業決算からの
格付が高いウエイトを占めています。

格付けによる審査が
重視される時代になったのは
ご存知のことと思われます。

業績は、単なる決算による
結果報告ではなく、

年度が始まる前にデザインし
事業計画を立てて実現させる
強固な意思を持ったものである
ことが事業運営に不可欠です。

社長の時間は、消費されるものでなく
お金を生むために

投資するものと考えて
事業に臨まれることが成否を分ける
分水嶺となります。

多分、社長は理解されていると思います。
それでも目の前のことに
忙殺されているのかも知れません。

その鎖を断ち切る決意と実行が
今を変えることになります。

決断し、実行することは、
決断しない現状維持に勝ります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

<成功のゴーツデン・ルール>
ブライアン・トレシーの教え
熱き心と感動、分かりやすさ
あなたの感性を揺るがします、

あなたの願う成功へと導かれる
全米屈指の富豪メーカー
ブライアン・トレシーの教え

By 株式会社アガペーミッション
http://www.management-mission.net/

<日本が誇る経営者魂の伝承>
心魂練磨
あなたの知性と柔和さが調和する。

自立醸成
あなたの優しさ、燃える思いが
社員の心を一つにする。

使命自覚
社会に貢献する華となる。

日本が誇る経営者魂の殿堂
日本経営道協会
http://krieido.jp/

<創業120年 信頼と親身さの
ブランド 株式会社カインドウェア>

あなたが身に纏うだけで
湧き上がる自尊心の貴さ

熱い視線を浴びながら
ハイヤーに乗り込むあなたがいる。

ロビーのガラス越しに映る
姿に・・・時の流れを忘れる。

1894年、世界のエクゼクティイブが
見つめる。 THE EREGANT。

<株式会社カインドウェア あなたの瞳に焼き付く>
http://www.kindware.co.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Follow SNS